便秘について

便秘について

私は便秘で悩んでいました。

 

酷い時は数週間便が全く出ませんでした。自力で頑張ってはいたのですが、それでも駄目だったのです。
実際、出たとしても残便感が残り不快なことも多くありました。
また、便秘が続くと肌荒れが起こり、その他にも腹痛や腰痛も起きることもありました。

 

当時、病院では整腸剤を出されただけで、あまりはっきりした効き目はありませんでした。

 

便秘はかなりの精神的ストレスになうため、なんとか改善したいと、
食事は三食、食物繊維もしっかり摂ろうと野菜を食べたりそれなりの運動もしてみました。
しかし、当時はなかなか改善は見られませんでした。

 

どうしたらいいものかと悩んでいた時、たまたまインターネットで「過敏性腸症候群」という言葉をを見つけました。
読んでいると、大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、便通異常と腹部症状が続くと書かれていました。
原因としては、腸の運動機能や分泌機能が亢進していることで、下痢や便秘になるようで、
肉体の疲労や不安、緊張などの精神的ストレスが加わると、症状が起こってくることが分かりました。
私は思い当たる点が多々あったので、医師にその症状を伝えたところ「過敏性腸症候群」の診断名がおり、
その薬を処方してもらいました。
そして、その日から薬を飲み始めると、今まで全く出なかったのが嘘のように便が出るようになりました。
今でも時折便秘がちにはなりますが、薬を調整してもらいながら、この症状と向き合って日々過ごしています。

 

宿便の出し方